未来を担うロボット工学目指す進路は専門?大学?

災害現場など人が立ち入ることのできない場所での作業をロボットが行い人を助けるなど、ロボットが活躍する場面が多く見られるようになりました。

それに伴い、ロボット工学を学びたいという需要も大きなっています。

では、将来ロボットに関する仕事に就きたいとなった時どんな知識が必要となるのでしょうか?

進路先とカリキュラムについて詳しく調べてみましょう。

 

ロボットに関わる仕事って何があるの?

・ロボット開発のエンジニア

ロボットの開発・設計を行うのがエンジニアの仕事です。ロボット本体の設計から実際に動かすためのプログラミング、またそれに伴うセンサーの開発など行うことは多岐にわたります。

ロボットが活躍する現場も物の組み立ての製造現場から災害現場の人命救助の面、介護現場などさまざまなため、ロボット開発のエンジニアは幅広い知識を広く深く持っている必要があります。さらに、すでにあるものではなくより良い開発が求められるため独創的な発想力も求められています。

 

・プログラマー

エンジニアの指示に従いプログラミング言語を用いてプログラムの記述を行い、システムのバグの発見・修正をすることが仕事です。

プログラミングには、100種類以上の言語があるとされており、開発されるものによって使用される言語が異なります。さまざまなジャンルで活躍できるプログラマーとして多くの言語を取得していることが求められます。

 

・設備保全員

ロボットを稼働させるにあたり日常・定期の点検やメンテナンス、必要に応じた修理を行うことが仕事です。設備保全の現場では、小さな見落としが大きなトラブルにつながることもあります。ちょっとした不調や違和感に気づき些細な違いを見落とさずに察知する洞察力が求められます。

 

 

ロボット業界につながるための勉強は

ロボット開発には、工学の中でも最先端の知識が求められます。工学系・工業系の専門学校や大学に進学し基礎知識を積む必要があります。

 

・工学科で基礎を学ぶ

大学または専門学校にて工学の基礎科目を学びます。プログラミングなどのロボットに直接関係するもの以外にも電子回路や材料力学など製品を作るための基礎知識を身に着けます。

 

・ロボット工学を学ぶ

工学で学んだ基礎を元にロボットの設計や製作、プログラミングを学びます。基礎から発展した実践的な内容を学びます。

 

専門学校と大学、新制度専門職大学 それぞれの特徴

ロボットを学ぶ場は、他の専門ジャンルと変わらず専門学校と大学があります。

それぞれの特徴を元に進路先の候補としてどちらがあっているのか参考としてみてください。

 

・専門学校で学ぶ

専門学校は、学問としてではなく職業訓練のようなカリキュラムで授業が組まれていることが多いです。

実際に実務として使える知識や経験が積めることっが魅力の一つです。

また、専門学校は就職のサポートが手厚い学校が多いです。

 

・大学で学ぶ

大学は、学問としてロボットを学ぶので一点に集中した実務に近い学びというより複合的な知識を蓄える学びになります。IT知識を身に着けながら情報工学や機械工学といった関連する知識を広く学べる事が魅力です。

 

・専門職大学で学ぶ

大学という位置付けながら専門学校のような職業に直結した実践的な学びを受けることができます。そのため卒業時には、学位として「学士」の資格が取得することができます。

ロボットの専門的な知識を学びつつ大学卒業の資格も欲しいという方におすすめです。

また、企業と連携した実践教育を行っているので専門学校のように就職に向けたサポートも手厚いです。

 

まとめ

ロボットに関わる仕事内容とその知識を学ぶ学校についていかがだったでしょうか?

新しくできた新制度 専門職大学は大学と専門学校両面の利点がありとても魅力的ですね。

これから先ロボット工学の需要もより高まっていくと予想されるので、進路として考えている方はぜひ一度調べてみてはいかがでしょうか?